楽器はレンタル。参加資格は「バイオリン弾きたい!」の熱意。

レッスン最後は発表会(オンライン)で演奏を披露します。

 

バイオリンは、見た目の優雅さとは裏腹に、一つの音を出すのも難しい楽器。しかしその複雑さ、繊細さゆえ、簡単な曲でも1曲完成させたとき、子どもの世界が大きく広がります。一緒に練習を見守ってきた大人も、新鮮な感動を覚えます。

一方で、バイオリンは興味があってもなかなか手が出せない楽器・・・ではないでしょうか。今ここに、秩父の小学生が気軽にバイオリンを体験できる機会が実現しました。「ピアノだって弾けないし・・・」「楽譜読めないから・・・」なんて関係ありません。憧れのバイオリン、一緒に弾いてみませんか?

 

第1期発表会の様子

 

 

最初はバイオリン体験会から試してみて♪

 

「興味あるけど、できるかどうか判断できない」と思うのも当然。 冬休み中の体験会で、バイオリンを構えて音を出してみましょう。分からないことがあったらその場で質問してください。音を出すのは意外に難しいのですが、綺麗な音が耳元で響くと本当に嬉しい。「バイオリン弾けるようになりたい!」と思ったら、この夏、一緒にバイオリンに挑戦しましょう♪(体験会の参加は無料です)

 

【体験会日時】
8月2日(日) 【1】11:00~ 【2】12:50~ 【3】14:40~ 【2】16:30~

【会場】
横瀬町オープン&フレンドリースペースArea898

 

体験会の申込はこちら

 

第1期体験会の様子

 

 

スケジュール(レッスン~発表会)


レッスン全6回

【初回】
8/9(日)
【1】10:40~ 【2】13:10~ 【3】15:40~

会場:横瀬町オープン&フレンドリースペースArea898

 

【2~6回目】
8/18(火)~9/18(金)
【A】18:00-18:30
【B】18:30-19:00
【C】19:00-19:30
【D】19:30-20:00

毎週水・木・金の【A】~【D】いずれかの時間帯で個人ごとにレッスンを行います(オンライン)。


発表会

【オンライン発表会】
各人の練習の成果を、ひとつの動画を制作して発表します。受講者の演奏のほか、有志による演奏・歌・映像・画像などを合わせて作品に仕上げます。

各自で動画を撮影(スマホ撮影で十分です)して、指定の方法で提出します。どんな出来栄えになるかは、これからの練習次第。完成した作品は、ラジオ放送する予定です。

【動画提出期限】
9/28(月)

 

演奏動画の例

 

 

バイオリン・レッスン募集要項


対象

横瀬町・秩父市・小鹿野町・皆野町・長瀞町の小学4~6年生


参加費

4,000円


各自で用意するもの

  • 指定のスマートフォンアプリ(無料)
  • 掃除用布(300円程度)
  • オンライン・レッスン視聴環境(インターネット接続)
  •  
    参加者には各アイテムの詳細をメールでご案内します。

     


    申込期限

    8月3日(月)


    申込方法

    体験会・レッスン参加は、申込ページのフォームからお申込みください。


    申込後のプロセス

    【1】意思確認
    申込完了の自動返信メールとは別に、意思確認のメールが送られます。参加の意思が確実な場合は、期限までに返信してください。返信無い場合は参加申込の取り消しとみなします。
     
    携帯キャリアメール、iCloud、hotmailではメールを受信できないトラブルが多発しています。メール期限に遅れた場合は参加できませんので、lesson@violin-project.orgからのメールを受信できるよう設定してください。

    【2】人数調整(申込多数の場合)
    定員を超える申し込みがあった場合は、楽器サイズごとに人数調整を行います。

    【3】参加可否のお知らせ
    8/6(木)に参加可否をお伝えするメールを配信します。人数調整が必要となった場合は、一部の申込者はレッスンにご参加いただけないことご了承ください。

    【4】参加費の支払い
    参加確定者は8/8(土)までに参加費支払を完了してください(銀行振込の場合は8/7(金)必着)。期間途中でレッスンを辞退することがあっても、お支払いいただいた参加費の返金は行いません。

    【5】初回レッスン参加
    8/9(日)の初回レッスン時に楽器をお渡しします。初回レッスンでは楽器の扱い方の練習をしますので、初回不参加の場合は楽器をお貸しすることができません。咳等の風邪症状が見られてレッスン不参加となる場合は、有料にて初回レッスンを別途設定します。

     

    第1期初回レッスンの様子

     

     

    練習も発表会も、オンラインでできるの?

    オンラインだけでは不十分です

    今年になって「オンライン○○」が生活に浸透してきましたが、まだ「オンラインは分かりにくい」「オンラインでは無理」という認識が強いのも事実です。

    「オンライン○○」は対面式のコミュニケーションを完全に代替できるものではありません。オンライン・レッスンでは直接の音を聞くことができず、会話のテンポも遅れがちなため、ライブの緊張感・躍動感も薄れてしまいます。

    当レッスンは「オンラインでは不十分」という前提で、指導スケジュールを組み立てています。1回のレッスンで伝えられる内容は少なくなるため、動画教材や解説図を併用して、入門者の多くが難しいと感じる・間違えやすい内容を、正確に伝えられるよう工夫しています。レッスン日程には掲載していませんが、状況をみながら対面式の補講や講師以外の演奏者からアドバイスを受ける機会など、楽しく刺激のあるレッスンを企画しています。

    家庭でできる、オンライン環境のアップグレード

    スマートフォンとインターネット接続さえあれば、オンラインの受講はどこでも可能です。最近のスマートフォンは画面も鮮明で、廉価モデルでもネットのライブ放送を視聴するのに十分なスペックを備えています。

    とはいえ、スマートフォンの画面は小さいので、楽器を構えた状態では少々見えにくいかもしれません。その場合は、テレビにつないでテレビ画面に映し出すことをお勧めしています。スマホよりずっと大きなテレビ画面なら少し離れた場所でもはっきり見ることができます。やり方はこちらのページ(外部サイト)で紹介されているので、ご参照ください。

    もうひとつ、重要なこと

    オンライン・レッスンを有意義なものにする秘訣は講師や指導スケジュールを工夫するだけではまだ足りません。もうひとつ重要なのは、受講者から「たくさん質問すること」です。そして、講師から「どこが難しい?」「どの指を意識して弾いた?」など質問があったら、不完全でもいいので自分の言葉で答えてください。

    誰もが初めてのことだから、最初は「できない」「わからない」のがあたりまえです。1回の説明・指導だけで完璧にできる人はいません。得意・不得意も人によって違うので「自分には何が難しいか・どこができていないか」を分析しましょう。その「難しいこと・できていないこと」を「できる」に変えるために講師は指導しますので、どこができないか、しっかり言葉で伝えてください。たくさん質問できると、オンラインという制約下でも、有意義なレッスンを受けることができます。

    たくさん質問する人は「これからどんどん上達する人」です。上達するほどに楽しさが増してきます。たくさん質問してバイオリンを弾ける楽しさを存分に感じてほしいと、講師一同、願っています。

     

     

    第1期レッスンの様子

    サウンドハウスYOITOKOプロジェクトで当レッスンの様子が画像と動画で紹介されています。こちらもどうぞご参照ください。


    横瀬町バイオリン・プロジェクト取材動画

     

     

    主催者

    横瀬町バイオリン・プロジェクト実行委員会
    東京都板橋区南常盤台1-11-6-101
    (合同会社グローバルキッズ内)
    050-5372-6144
    lesson@violin-project.org

     

     

     

    質問はLINEでどうぞ♪

    Q&Aページのほか、LINEでも質問にお答えしています。

    友だち追加
    LINEでの質問はこちらから